理学療法士になりたい!どんな仕事をするの?

どうやったらなれるの?

理学療法士になろうと思ったら、どうしたら良いのでしょうか。

まずは受験資格を取ることになります。受験資格を取得するには、高校卒業後、あるいは高校と同等以上の学力が認められる大検合格なども含む資格を取得したうえで、理学療法士養成学校で3年以上、あるいは4年制大学、3年以上の短期大学、3年または4年制の専門学校にて学びます。その中で所定の養成課程を修了することにより、受験資格が得られるのです。それから国家試験を受験し、合格して初めて理学療法士として働くことが出来るのです。

では、理学療法士はどんな場所で働くのかということですが、就職先は総合病院、大学病院、クリニックといったような医療施設をはじめとして、老人保健施設や訪問リハビリといったような医療福祉中間施設、養護学校、研究機関、行政関係、肢体不自由児施設、障碍者福祉センター、スポーツフィットネスといった場所となります。理学療法士には様々なニーズがあり、働くことが出来る範囲は日々拡大しているのです。

多くの身体の不自由な人にとって大きく役に立つことが出来るのが理学療法士の強みです。また、支援を行う人が元気になっていく過程を見るという意味でのやりがいも感じることが出来る、素晴らしい仕事と言えます。