理学療法士になりたい!どんな仕事をするの?

どんな仕事?

理学療法士ってどんな仕事をするのか気になる方は多いと思います。

理学療法とは、病気や疾患といったことが原因となり、身体が不自由になっている人に対して、心身共に機能回復や維持を狙ってリハビリを行うリハビリテーション医療の一つのことです。そして、理学療法士は、日常生活に必要な基本動作を行う身体運動機能を対象として、運動療法による治療、そして物理療法、日常生活動作訓練による治療を行うものです。

理学療法士が行う運動療法による治療とは、理学療法士の手技、器具、あるいは患者自身の力によって動かして治療を行うものです。これに対して物理療法による治療とは、主に痛みの緩和、循環の改善などを目的として、熱や電気といった物理的なエネルギーを外から加えることにより治療するというものです。日常生活動作訓練による治療は、身体の動くと日常生活の動作を結び付けるというものです。

身体の疾患を持っているという人にとっては、生活は厳しい状況に陥ることもあります。理学療法士は、そうした人達の生活レベルを少しでも改善させることを目的として、これらの治療を行うわけです。理学療法士というのは、人の助けになるという意味では、とてもやりがいの大きな仕事となるでしょう。